家の模型

家の安全は警備会社にお任せ!身を守るための対策方法

役に立つ防犯機器

カギ

自宅の防犯対策を完璧なものにしたいのならば、防犯カメラを導入しましょう。現在では、簡単に取付けられる高性能のワイヤレスタイプの防犯カメラも販売されているため、適切な場所に設置さえすれば犯罪者が避けて通る家にすることができます。

読んでみよう

セキュリティ対策を行う

南京錠

日本は世界の中でも治安は良いところとなっています。とはいっても用心する事に越した事はありません。そのため防犯カメラを設置する家庭も増えました。ワイヤレスの防犯カメラも多くなり、自宅の見やすい場所にモニターを設置できます。必要に応じて必要な製品を取り入れるようにしましょう。

読んでみよう

手軽に防犯効果を得られる

カギ

近年ではワイヤレスの防犯カメラも販売されるようになり、一般家庭にも使用する人が増えてきています。防犯カメラには犯罪の抑止力としての効果もあり、見えるところに設置するとよいでしょう。外出先で画像を確認できるというメリットもあります。

読んでみよう

カメラ設置とその方法

警備員

警備会社に警備してもらう他に防犯カメラを設置する場合、ネックとなることとして設置場所が限定されてしまったり、設置に工事が必要になったりすることがある。通常の防犯カメラでは、カメラと録画などを行う本体を配線で結んだ上で使用するものとなっている。そのため、防犯カメラを設置する場合には、その配線ができる場所を選んで設置する必要がある。また、配線工事を行う必要もあり、費用が掛かったり手間となったりするケースも多かった。それらを解消するものとして、近年主流となっているのがワイヤレスの防犯カメラである。ワイヤレスのカメラでは、録画データを無線で本体に送るため、配線する必要がなくなる。そのため、比較的どの場所でも設置することができ、設置も楽になっている。警備会社に依頼するための手間やコストも掛からない。

ワイヤレスの防犯カメラでは設置しやすいことがあり、利用が広がっているが注意点もある。ワイヤレスの場合、無線でデータを送信するため、本体とカメラとの距離が重要ということがある。カメラの性能により無線を飛ばせる距離が異なるが、この距離が短い場合、本体から電波を受信できる範囲でしかカメラを設置することができなくなってしまう。また、障害物の影響もある。無線電波の場合には、鉄筋コンクリートなどがあることで、電波が弱まり距離が短くなってしまうケースがある。これらのことから、ワイヤレスの防犯カメラを購入する場合には、設置場所とその距離を考慮し、十分電波が届く範囲であるかを確認した上での購入に注意が必要になる。不安がある場合は警備会社に頼んでおくという方法もあり、警備会社は全国的に対応しています。